ADSL-direct会員サポート

文字の大きさ
  • 文字の大きさ:小
  • 文字の大きさ:中
  • 文字の大きさ:大

Outbound Port 25 Blocking (OP25B)とは

OP25Bとは、迷惑メールを送信規制するため、メール送信(SMTP)に割り当てられるポート番号「25」の使用を停止し、プロバイダやメールサービス事業者のメールサーバに認証機能を追加することで、迷惑メールの送信を防止します。

しかし、OP25Bの対策を行っていないメールサーバを利用して送信されたメールは、規制できません。
当社では、ネットワーク上でOP25Bの対策を実施することで、認証機能が無いメールサーバへメールが送信されることを防止します。

 

 

Outbound Port 25 Blocking (OP25B)影響チェック

以下のフローチャートをご覧いただき、お客さまがOP25Bの影響を受けるかお確かめください。

※1 ご使用のプロバイダによっては、OP25Bを導入している場合があります。
詳しくは、ご利用のプロバイダへお問い合わせください。

 

Outbound Port 25 Blocking (OP25B)の影響を受けた場合の対象方法

メール送信(SMTP)のポート番号が「25」に設定されているお客さまは、メール送信ができなくなります。

対処方法として、そのポート番号を認証機能付きメール送信ポート番号「587」に変更していただくことで、メール送信ができるようになります。

※各プロバイダのOP25B実施状況については 「迷惑メール相談センター」(財団法人日本データ通信協会)ページの 「ISPによるOP25B 実施状況」をご参照ください。
詳しくは、ご契約のプロバイダにお問い合わせください。

また、ご利用のメールソフトがSMTP認証に対応している必要があります。SMTP認証の対応状況につきましては、メールソフトのヘルプを参照いただくか 提供元へお問い合わせください。

■よくあるお問い合わせ
「Outbound Port 25 Blocking(OP25B)」

 


ページの先頭へ戻る