報道発表資料

各位

2005年6月23日
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・アクセス株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生
(コード番号:9427 東証一部)

イー・アクセスとSo-net、MVNOの可能性を共同で検討することに合意

イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下「イー・アクセス」)と、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(本社:東京都品川区、代表者:代表取締役兼執行役員社長 吉田憲一郎、以下「So-net」)は、イー・アクセスが検討中のW-CDMA並びにHSDPA方式での高速ワイヤレス通信事業におけるインフラストラクチャーを活用し、So-netが仮想ワイヤレス通信事業者(MVNO:Mobile Virtual Network Operator※)として事業を展開する協業の可能性について共同で検討することに合意いたしましたのでお知らせいたします。

イー・アクセスとSo-netは、ADSLのホールセールにおいて以前よりのパートナーでありますが、このたび、現行の固定ブロードバンドとモバイルブロードバンドの融合(FMC:Fixed Mobile Convergence)の実現を視野に、モバイルブロードバンド事業においても、ビジネスモデル及びマーケティング、サービスについて共同で検討を進める旨、覚書を締結いたしました。

イー・アクセス及びSo-netは、モバイルブロードバンドで実現する様々なコミュニケーションサービス(映像や音楽などのコンテンツ配信など)の可能性を探り、お客様に生活を豊かにする新たな価値を提案すべく、共同で検討を進めて参ります。


※MVNO(Mobile Virtual Network Operator):
仮想ワイヤレス通信事業者。無線通信設備を持たない事業者が通信設備を一部借り入れてサービスを提供する事業者。

以上


以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、
あらかじめご了承ください。
Copyright © eAccess Ltd. All Rights Reserved.