eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

各位

2008年7月31日

株式会社アッカ・ネットワークス
代表者名 代表取締役社長 須山 勇
(コード番号:3764 JASDAQ)

イー・アクセス株式会社
代表者名 代表取締役社長 深田 浩仁
(コード番号:9427 東証一部)

アッカ・ネットワークスおよびイー・アクセス
業務・資本提携に関するお知らせ

株式会社アッカ・ネットワークス(以下、アッカ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須山勇)とイー・アクセス株式会社(以下、イー・アクセス、本社:東京都港区、代表取締役社長:深田浩仁)は、本日開催のそれぞれの取締役会による承認を経て、将来の事業統合に向けた戦略的業務・資本提携について合意しましたのでお知らせいたします。

1.本提携の目的と背景
アッカおよびイー・アクセスはブロードバンドサービスが急速に拡大する過程において、DSLサービスを提供することで急速な事業基盤の拡大を図ってまいりました。DSLはブロードバンド市場の半数を占め中心的なサービスである一方、昨今、ブロードバンド市場はサービスが多様化しつつあります。このような市場環境を見据え、DSLサービスのISPへのホールセールという共通のビジネスモデルを展開している両社は、設備及び業務の統合を図り事業規模を拡大することで、業務効率化による利益の最大化、競争力の維持・強化が実現するとともに、今後の継続的成長に向け財務基盤の強化が可能となること、また将来ビジョンとして新たなビジネスモデルの実現、ビジネスフィールドの拡大検討が可能となると判断し、本提携に至りました。
これにより、アッカとイー・アクセスを合わせ、契約数のシェア約22%を持つ業界第2位※のDSL事業グループとなります。 
※平成20年3月段階、NTT東日本とNTT西日本を別の事業者とした場合

2.本提携の内容
(1)業務提携
1)DSL関連設備及び保守業務の統合

イー・アクセスの保有するDSL関連設備をアッカに譲渡するとともに当該設備の保守業務をアッカに統合し、業務効率化を図ります。イー・アクセスはアッカに設備使用料を支払うことで引き続きDSLサービスを提供します。
※DSL設備譲渡の詳細につきましては、別途本日、アッカより公表した「固定資産の取得に関するお知らせ」およびイー祉D▲D札垢茲蠍ヌ修靴拭峺把蟷饂困両d呂亡悗垢襪チ里蕕察廚鬚柑仮箸C世気ぁ」


2)ネットワーク運用業務の統合

アッカのネットワーク保守運用業務を、イー・アクセスの持分適用会社であるイー・モバイル株式会社に統合することで、規模のメリットによる業務効率化、コスト削減を図ります。
 (イー・アクセスは既にネットワーク運用業務をイー・モバイル株式会社に委託しています。)


3)バックヤード3業務の統合

アッカに対し、モデムレンタルスキームの統合 モデム物流・オペレーション業務の統合、及びカスタマーサポート業務の統合を行ない、業務効率化、コスト削減を図ります。


以上の業務提携により、今後5年間で合計、アッカの売上を140億円押し上げるほか、アッカに約60億円、イー・アクセスに約10億円のコスト削減効果が生ずる見込みです。これらはシナジー効果の第一弾であり、今後の業務統合の過程で更なるシナジー効果の実現を目指します。

なお、業務提携の詳細については、今後、業務提携推進委員会(仮称、以下同様)の協議を経て確定していく予定です。また、上記業務統合を円滑に実行するため、関連社員の相互の出向による人的交流も行ってまいります。

(2)業務統合を進めるための資本提携
アッカ及びイー・アクセスは、今回の業務提携の効果を確実に上げていくことを目的に、アッカがイー・アクセスを対象に、普通株式61,790株の第三者割当増資を行なうことで合意しました。この第三者割当増資の実施後、イー・アクセスが保有するアッカ株式に関する議決権の割合は、アッカの総議決権数の約45.3%となります。これによりアッカはイー・アクセスの連結子会社となる見込みです。
また、イー・アクセスは10月に開催予定のアッカ臨時株主総会の決議を経て、アッカに取締役の過半数となる新取締役を派遣する予定です。
アッカはこれにより、業務提携の基盤となるDSL設備の買収資金を調達し、MVNO事業等今後の成長事業への設備投資資金を確保します。
※発行条件等の詳細は、別途アッカより本日公表した「第三者割当による新株式発行のお知らせ」をご参照ください。また、資本異動の詳細は、別途本日、アッカより公表した「親会社の異動に関するお知らせ」およびイー祉D▲D札垢茲蠍ヌ修靴拭峪匆饉劼琉枡阿亡悗垢襪チ里蕕察廚鬚柑仮箸C世気ぁ」

イー・アクセスは、連結子会社となるアッカについて、その社名、ブランド、経営体制、従業員、事業基盤は現行どおり維持し、引き続き上場会社としての自立的・機動的経営による企業価値の維持拡大に向けて最大限の協力をすると共に、グループでの事業シナジー最大化を目指す方針です。

3.将来ビジョン
アッカとイー・アクセスは今後、コスト削減、利益体質の改善、財務基盤の強化を更に進め、持続的成長に向けた両社得意分野への効率的な戦略的投資の実施を進めてまいります。また、MVNOサービスやFMCサービス、またそれらサービス分野での伝送ネットワーク運用事業やデバイス事業といった、新たなビジネスモデルの実現、ビジネスフィールドへの事業拡大を検討してまいります。

4.会社の概要
【株式会社アッカ・ネットワークス】
(1) 名称 :株式会社アッカ・ネットワークス
(2) 主な事業内容:電気通信事業
(3) 設立年月:平成12年3月15日
(4) 本店所在地:東京都千代田区有楽町一丁目12番1号
(5) 代表:代表取締役社長  須山 勇
(6) 資本金:129億86百万円(2007年12月31日現在)
(7) 従業員数:335名
(8) 大株主構成
および持株比率
イー・アクセス株式会社 14.9%
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 12.9%
イグナイトBB投資事業有限責任組合 8.8%
株式会社大和証券グループ本社 4.2%
IT2000投資事業有限責任組合 3.4%
(9) イー・アクセス株式会社との関係(平成20 年6 月30 日現在)
資本関係:イー・アクセスはアッカ株式16,785 株を保有しています。
人的関係:該当事項はありません。
取引関係:イー・アクセスの持分法適用関連会社であるイー・モバイル株式会社がモバイルデータ通信サービスの提供契約をアッカと締結しております。

【イー・アクセス株式会社】
(1) 名称 :イー・アクセス株式会社
(2) 主な事業内容:電気通信事業
(3) 設立年月日:平成11年11月1日
(4) 本店所在地:東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
(5) 代表者:代表取締役社長  深田 浩仁
(6) 資本金:171億1百万円(2008年3月31日現在)
(7) 従業員数:364名
(8) 大株主構成
および持株比率
モルガンスタンレーアンドカンパニーインターナショナルピーエルシー 17.7%
千本倖生 7.0%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 6.7%
エリック・ガン 6.5%
ゴールドマンサックスアンドカンパニーレギュラーアカウント 4.6%
(9) 株式会社アッカ・ネットワークスとの関係(平成20 年6 月30 日現在)
資本関係:イー・アクセスはアッカ株式16,785 株を保有しています。
人的関係:該当事項はありません。
取引関係:イー・アクセスの持分法適用関連会社であるイー・モバイル株式会社がモバイルデータ通信サービスの提供契約をアッカと締結しております。

5.日程
平成20年7月31日両社取締役会決議、及び業務・資本提携契約締結
平成20年8月15日アッカによる第三者割当増資にかかるイー・アクセスからの払込完了 (予定)
平成20年9月1日DSL資産譲渡(予定)
平成20年10月1日アッカ臨時株主総会の開催〈予定)

6.今後の見通し
【株式会社アッカ・ネットワークス】
○平成20年12月期(平成20年度)の連結業績見通し
 
前回予想(A)
今回修正(B)
増減額(B−A)
連結売上高
31,000百万円
31,000百万円
0
連結営業利益
1,900百万円
2,000百万円
+100百万円
連結経常利益
1,900百万円
2,000百万円
+100百万円
連結当期純利益
1,400百万円
1,700百万円
+300百万円

【イー・アクセス株式会社】
○平成21年3月期(平成20年度)の業績見通し
 
前回予想(A)
今回修正(B)
増減額(B−A)
売上高
80,000百万円
80,000百万円
0
営業利益
12,700百万円
12,800百万円
+100百万円
経常利益
10,700百万円
11,000百万円
+300百万円
当期純利益
6,500百万円
6,600百万円
+100百万円
1株当たり年間配当金
2,300円
2,300円
2,300円

○平成21年3月期(平成20年度)の連結業績見通し
 
前回予想(A)
今回修正(B)
増減額(B−A)
連結売上高
80,000百万円
95,000百万円
+15,000百万円
連結営業利益
12,700百万円
13,800百万円
+1,100百万円
連結経常利益
-6,100百万円
-5,000百万円
+1,100百万円
連結当期純利益
-10,300百万円
-9,800百万円
+500百万円

(注)本見通しは9月1日からアッカ社の業績を連結対象する前提で作成

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ