eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

各位

2008年1月16日
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・アクセス株式会社
代表取締役社長 安井 敏雄
(コード番号:9427 東証一部)

抜本的経営改革を求め、アッカ社経営体制の変更を提案
〜株主・ユーザー等の利益最大化を目指す〜

イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役社長 安井 敏雄、以下「当社」)は、株式会社アッカ・ネットワークス(本社:東京都千代田区、代表者:代表取締役社長 木村 正治、以下「アッカ社」)に対し、取締役7名の選任と現任取締役3名の不再任を、アッカ社第8回定時株主総会の付議議案に含めるよう求める株主提案を下記のとおり行いましたので、お知らせします。

当社は、アッカ社の発行済株式総数の13.10%(2008年1月11日時点)を保有しており、筆頭株主の立場から経営の抜本的改革を求め、その結果、ADSL事業の効率化と事業領域の拡大を図るものです。当社の狙いはアッカ社の企業価値向上であり、当社ADSL事業・AOL事業や、当社関連会社イー・モバイルなどとの連携も積極的に検討を行うことで、アッカ社の株主・ADSLユーザー等ステークホルダーの利益を最大化することを目指します。



【提案の理由と内容】
アッカ社は、個人向けDSL事業の売上減少を、法人向けサービス事業やM2Mを含むソリューション支援等の新規事業によってもカバーできず、平成18年度に引き続き平成19年度も売上高及び経常利益ともに減収減益が見込まれており、経営上の岐路に立たされています。アッカ社の株価は、平成18年後半から上場時の公募価格をはるかに下回る水準で推移しており、これは市場の失望の表れであるとも考えられます。

このような現状を打開するためには、経営陣を一新し、事業経営力と専門的知見を有する人材を起用してブロードバンド通信事業に精通した経験豊富なマネジメントチームを新たに編成することにより抜本的な経営改革を行う必要があるものと考え、以下のとおり、新任者4名を含む7名の取締役の選任と、現任取締役3名の不再任を提案するものです。

1.新任取締役4名の選任
小畑至弘氏、大坂宗弘氏、エリック・ガン氏(非常勤)、石田雅之氏(非常勤)
2.現任社外取締役3名の再任
佐藤元信氏(非常勤)、佐々田法男氏(非常勤)、星野隆作氏(非常勤)
3.現任取締役3名の不再任
木村正治氏、湯英彦氏、廣野公一氏

※提案内容の詳細を記載した資料を、当社ホームページのリンクから取得できるよう現在準備中です。
追記:1月18日付で資料は公開されました。
※この発表は、委任状の勧誘を目的とするものではありません。

以上

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ