1. Home
  2. カスタマーサポート
  3. サポートニュース

サポートニュース

<< 前のリリース次のリリース >>

お客様各位

2004年4月9日
イー・アクセス株式会社

セキュリティ確保に関するご案内

昨今、コンピュータウィルス(以下ワームも含む)や不正アクセスによる被害が広がっております。
本ページでは、コンピュータウィルスや不正アクセス等による被害を受けないために、お客様自身で行える最低限のセキュリティ設定についてご案内いたします。

1. 不正アクセス対策
ADSLは常時接続であるため、常に外部からの不正アクセスの対象になり得る環境にあります。
ここではモデム本体とモデムに接続しているパソコン等の保護についてお伝えします。

◆モデムに接続されているPCの保護
弊社から提供しているルータ型モデムは、NAPTと呼ばれている機能が動作しており外部からモデムの配下にあるパソコン等の機器に対してアクセスすることは簡単に出来ないようになっております。

◆モデム自身の保護
モデム自身を不正アクセスから保護するためには、「IPフィルタ機能」を活用することで防ぐことが可能です。

住友電工ネットワークス社製工場出荷時にはモデム自身のセキュリティは設定されていません。
下記ページをご参照いただき、ご自身で設定をお願いいたします。

MegaBit Gear TE4121C/MegaBit Gear TE4111C
MegaBit Gear TE4121C/MegaBit Gear TE4111C簡易セキュリティ設定マニュアル

(2004.7.2更新)
最新のファームウェア(TE4121C Ver.1.14/TE4111C Ver.02.12)に更新することにより、セキュリティの向上をはかることができます。
MegaBit Gear TE4121Cの最新ファームウェアはこちら
MegaBit Gear TE4111Cの最新ファームウェアはこちら


MegaBit Gear TE/4C
MegaBit Gear TE/4C簡易セキュリティ設定マニュアル

■住友電工ネットワークス社製工場出荷時から主要なモデム自身のセキュリティは設定済みです。
・Aterm WD605CV・Aterm DR320CV ・Aterm DR304CV・Aterm DR302CV
・Aterm DR302CVA・Aterm DR205C・Aterm DR204C・Aterm DR202C
・Aterm DR202CA・Aterm DR201C

■住友電工ネットワークス社製工場出荷時から主要なモデム自身のセキュリティは設定済みです。
・Broadband Blaster Briteport 8100C


2. コンピュータウィルス対策
コンピュータウィルスは、電子メールを開いたり・添付ファイルを開いたりすることによって感染します。
感染を防ぐ為には、以下の項目にご注意ください。

知らない発信者のメールはむやみに開かない。
むやみに添付ファイルを開かない。
WindowsシリーズのOSをお使いの場合、Windows Updateを定期的に実施する。

感染した場合には、直ちに感染したPCをモデムと切り離してウィルス対策ソフトにてウィルスを駆除してください。

ウィルス対策ソフトは家電量販店などで購入が可能です。ご購入の際には下記事項をあらかじめご確認ください。

・お使いのコンピュータの機種名
・使用しているOS(Windows / Macintoshなど)


ウィルス対策ソフトは、感染後も「駆除ツール」としても使用できますが、「感染を防ぐツール」としても威力を発揮しますのでウィルス対策ソフトの導入をお勧めいたします。

以上