1. Home
  2. カスタマーサポート
  3. サポートニュース

サポートニュース

<< 前のリリース次のリリース >>

お客様各位

2001年8月20日
イー・アクセス株式会社

ファームウエアバージョンアップのお知らせ
⇒住友電気工業社製ルータ型モデムTE4/C、TE4111Cのファームウェアがリリースされました

平素はイー・アクセスADSLサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
住友電気工業社製ルータ型モデムTE4/C、TE4111Cのファームウェアをリリース致しました。
本ファームウェアを使用する事により一部の機能が使用できないという問題が改善されております。
また、新機能も追加されました。
下記機能が必要なお客様はご対応頂きますようお願い申し上げます。



1. 新ファームウェアバージョン

・TE/4C:Software Version: 05.00
・TE4111C:Software Version: 01.22

2. 変更点

1)認証用パスワードにおける"@"マーク問題の改善
ルータタイプモデムにおいて接続認証プロトコルで使っているPPPの実装に不具合があり、パスワードの先頭を"@"にすると認証に失敗してしまう事が判明しております。これは新バージョンを使用する事により改善されました。

2)LCP-ECHO機能追加
LCP ECHOとは、PPPセッション状態を確認・監視するものです。
BRAS(ブロードバンド・リモートアクセス・サーバ)側との通信状態(PPPセッション)を監視することが出来るようになりました。本機能を使用する事により、通信状態が悪い場合(PPPセッションが無効となっている場合)は、モデム側より新たに接続し直します(新セッションの接続)。固定IPアドレスサービス等でLAN側にMailサーバ等を構築している場合に"WAN側にアクセスできない"といった不都合を改善することができます。

3)PPP認証設定内容の変更
認証を行う際の確認有効時間が既バージョンでは3秒でしたが、新バージョンでは20秒(認証試行回数:3回)となりました。
4)NATアドレス変換設定でのレンジ設定機能の追加(TE/4Cのみ)
TE/4Cにて、これまでNATアドレス変換設定の際に1つのポートに対して1設定を必要としておりました。しかし新バージョンにより同じプロトコルの、連続するポート番号の場合にはレンジ設定が可能となりました。

3. 設定方法

本件についてのサポートはトレンドマイクロ社が行ないます。上記トレンドマイクロ社のサポート窓口へお問い合わせ下さい。

1)バージョンの確認
現在お使いのファームウェアバージョンを確認します。

*TE/4Cをお使いの場合

1 TE/4Cシリーズにログインし、管理メニューを表示して下さい。
※ 本書に従って、TE/4CシリーズのIPアドレスを変更された場合は、ブラウザのアドレスに以下のIPアドレスを入力して下さい。

http://172.25.0.1/

2 メニューフレームから[設定情報]→[バージョン情報]をクリックして下さい。
操作フレームにバージョン情報画面が表示されます。



現在設定されているファームウェアのバージョン情報が表示されます。
※ Version05.00のお客様は、バージョンアップの必要はありません


*TE4111Cをお使いの場合

1 TE/4Cシリーズにログインし、管理メニューを表示して下さい。
※ 本書に従って、TE/4CシリーズのIPアドレスを変更された場合は、ブラウザのアドレスに以下のIPアドレスを入力して下さい。

http://192.168.1.1/

2 メニューフレームから[バージョン情報]をクリックして下さい。
操作フレームにバージョン情報画面が表示されます。



現在設定されているファームウェアのバージョン情報が表示されます。
※ Version01.22のお客様は、バージョンアップの必要はありません

2)ファームウェアのバージョンアップ
最新バージョンファームウェアのダウンロード/インストールを行います。

TE/4Cのお客様は こちら
TE4111Cのお客様は こちら

※TE/4Cはファームのバージョンアップを行うと設定情報が消去されます。

・新バージョンでは設定画面の表記は、日本語のみとなります。
(日本語OS以外をご使用の場合には、正しく表示されない場合がございます)

3)3 PPP LCP ECHOの設定
TEシリーズは最大8個の接続先設定を保持することができ、各接続先に対してLCP ECHO監視の有無を設定できます。また標準設定ではLCP ECHO監視は停止されているため、必要に応じて下記設定を行い、監視を開始してください。

LCP ECHO監視を開始する場合:
http://[IPアドレス]/cgi-bin/syscmd.cgi?cmd=ppplcp+[A]+on
[IPアドレス]:ADSLモデムのLAN側のIPアドレス (WAN側IPアドレスでも可能)
[A]: 設定の番号  範囲: 1-8

4. 備考

TE/4Cはファームのバージョンアップを行うと設定情報が消去されます。
現在ご使用の設定情報が必要な場合には、メモ等で書き留めてください。本バージョンアップは、お客様の自己責任にてご対応いただきますようお願い申し上げます。
TE4111Cではファームのバージョンアップでも設定情報は保持されます。
また、ファームウェアのバージョンダウンはできません。もし行いますと、モデムが正常に動作しなくなりますので、絶対にお止めください。