eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

各位

2006年4月25日
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・アクセス株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生
(コード番号:9427 東証一部)

モバイルWiMAXの屋外実証実験に向けた実験用無線局免許を申請

イー・アクセス株式会社(以下「イー・アクセス」、本社:東京都港区、代表取締役会長兼CEO 千本倖生)は、広帯域移動無線アクセス技術のひとつであるモバイルWiMAX(IEEE802.16e、以下「モバイルWiMAX」)の実証実験に向けた実験用無線局免許を、昨日(2006年4月24日)、総務省へ申請しましたのでお知らせいたします。

当社は、米WiMAXフォーラムのプリンシパル会員として標準化完了に向け貢献しており、また昨年12月には社長直属のWiMAX推進室を設置、商用展開のための技術開発や、アプリケーション、プラットフォームとの垂直統合モデルなど、事業展開に当たっての新たなビジネスモデルの検討を進めて参りました。また、2003年よりTD-CDMA、TD-SCDMA(MC)といったTDD方式の無線技術を検討、モバイルWiMAXの中で採用が有力視されており次世代高速通信として期待が大きい「TDD方式」のノウハウやデータを豊富に保有しています。

総務省は、2.5GHz帯における広帯域移動無線アクセス技術について、本年4月6日より技術的条件作業班を開催、検討を進めており、当社もメンバーとして参加しております。その検討対象の有力なひとつである新規技術モバイルWiMAXは、フィールドでの測定データがほとんどなく、技術実証が十分なされていないことから、フィールド実験を通じて測定データを取得、作業班に提出することで積極的に貢献して参ります。

今回の実験概要は以下のとおりであり、セル設計手法や設備投資効率に関する情報を得る予定です。

1)実験期間:2006年6月から一年間
2)実験場所:東京23区内
3)技術実証実験項目

2.5GHz帯電波伝搬
伝送速度
周波数利用効率
移動性(モバイルIP技術、ハンドオーバー技術を含む)
多様なアプリケーション適用(動画ストリーミング、動画チャット等双方向通信アプリケーション、高品質音楽・画像伝送、オンラインゲーム、VoIPなど)

イー・アクセスは、来るべきモバイルブロードバンド時代を睨み、次世代携帯電話事業に加え、様々なモバイル技術の検証・検討を進めて参ります。

以上


※ モバイル WiMAX(IEEE 802.16e)
IEEE 802.16規格はIEEE(米国電気電子学会)で標準化されている無線通信の標準規格。固定通信向けに2003年1月標準化されたIEEE 802.16a(WiMAX)は1台のアンテナで半径約50km(30マイル)をカバーし、最大で70Mbpsの通信が可能。さらにモビリティをサポートした規格がIEEE802.16e(モバイルWiMAX)であり、現在標準化中。
「WiMAX」(World Interoperability for Microwave Access)は業界団体WiMAX Forumによる愛称。

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ