eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

各位

2005年6月22日
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・アクセス株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生
(コード番号:9427 東証一部)

eAccess Rights Plan、本日の株主総会で承認
本格的買収対応策として、上場企業で国内第一号

イー・アクセス株式会社(以下「当社」、本社:東京都港区、代表取締役会長兼CEO:千本倖生)は、本日行われた第6回定時株主総会にて、eAccess Rights Planの導入を付議し、3分の2の特別決議要件を大幅に上回る賛成多数で承認を受けましたので、お知らせいたします。

eAccess Rights Planは、社外取締役のみで構成される「企業価値向上検討委員会」が買収提案を受け入れるか拒否するかを決定するため、現経営陣が自らの身を守ることができない仕組みになっています。また、導入に際して取締役会決議ではなく株主総会の承認を得ること、及び今後3年毎に同様の承認を受けることが条件となっています。

さらに、本プランは、新株予約権を予め中間法人に対して発行しますが、買収者が現れ、かつ企業価値向上検討委員会が買収提案を拒否しない限り、発動されることはありません。また、万一、発動されても、買収者以外の全ての株主にその持ち株数に応じて平等に割り当てられるため、既存株主の株式が希薄化することはありません。

これらの点で、本プランは、経済産業省企業価値研究会の出している指針の原則・条件を高いレベルでクリア、東京証券取引所の指針にも適合し、株主利益の向上に繋がる本格的なものである点、ご評価を頂けた結果と考えております。

以上

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ