eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

報道関係各位

2001年12月10日
イー・アクセス株式会社

イー・アクセス、ADSLネイティブIPv6実験サービスを開始
〜@niftyが100名のモニターを募集〜

イー・アクセス株式会社(以下イー・アクセス、本社:東京都港区、代表取締役社長:千本倖生)は、IPv6普及・高度化推進協議会が通信・放送機構および総務省などと連携して行っているIPv6実験(以下本実験)の一環として、ニフティ株式会社および富士通株式会社と共同で次世代のインターネットプロトコルである「IPバージョン6(以下IPv6)」を利用した実験サービスを開始いたします。この実験サービスは、@niftyでイー・アクセスのADSLサービスをご利用いただいている100名のお客様を対象に、1月下旬(予定)より開始されます。また、イー・アクセスでは準備が整い次第、本実験にイー・アクセスと共同で参加している他の提携ISPでもADSL回線を利用したIPv6サービスを提供する予定です。

この度の実験サービスは、ADSL回線上に直接IPv6を構築する「ネイティブ方式」によるIPv6サービスです。現在痔IPv4の上にIPv6を通す「トンネリング方式」によるIPv6サービスは多くのISPから提供されておりますがつ樟灼ADSL回線上にIPv6を構築するネイティブ方式でのIPv6サービスとしては、世界で初めて実施されるサービスとなります。イー・アクセスは、この実験サービスを契機に、ADSL回線上でのIPv6サービスの実用化に向けた取り組みを開始いたします。なお、ネットワークはシスコシステムズ株式会社のご協力を得て構築しております。

今後、家庭でのネットワーク利用の拡大や情報家電の普及に伴い、IPv6によるインターネット接続サービスは、潤沢なアドレス資源の確保等、ネットワーク利用の可能性を大きく広げられるとして早期の普及が期待されております。

イー・アクセスは、IPv6サービスの商用化に向けて積極的な取り組みを引き続き行い、多くのお客様に画期的なブロードバンドアクセスサービスを提供すべく、技術・運用上の研究に邁進いたします。

【IPv6アクセス網および情報家電による実証実験モニターに関するお問い合わせ】
IPv6普及・高度化推進協議会 情報家電モニター事務局
〒100-0004東京都千代田区大手町1-7-2サンケイビル6F E-mail. monitor@v6pc.jphttp://www.v6pc.jp/monitor/index.html
【@nifty IPv6実験サービスに関する詳細】
http://www.v6pc.jp/monitor/index.html


※ 当件に関しましては、ニフティ株式会社および富士通株式会社からもプレスリリースが本日発表されております。
※ 文中に記載の商品名は各社の登録商標です。

以上


以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ