eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

各位

2005年3月17日
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・アクセス株式会社
代表取締役会長兼CEO 千本 倖生
(コード番号:9427 東証一部)

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得

イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表者:代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下「イー・アクセス」)は、2005年3月14日付で、情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)の国際規格である「BS7799-2:2002年版」及び国内規格である「ISMS認証基準(Ver.2.0)」に適合しているとの認証を取得いたしましたので、お知らせいたします。

両認証の取得は、イー・アクセスの情報システム部が取り扱う「顧客管理システムならびに付帯するシステムの開発・保守・運用業務」を対象としており、情報セキュリティにおいて適切な管理体制が確立されていることを第三者機関によって証明されたものです。

ブロードバンドを中心とするインターネットが社会インフラとして定着する一方で、不正アクセスなどのセキュリティ事故・犯罪が増加し、問題が深刻化しています。このため、情報通信ネットワークや情報システムの安全性をさらに高めていくことが求められています。

イー・アクセスは、従来より、重要な情報を取り扱うブロードバンド通信会社として、情報セキュリティ対策について積極的な取組みを行って参りましたが、サービス提供の安全性・信頼性をさらに確実かつ継続的なものとするために、今回の認証を取得しました。これを契機に、情報セキュリティマネジメントを一層強力に推進してまいります。

なお、この認証登録により、イー・アクセスは、世界的に認知されているBSIの登録シンボルマークを、品質に対する取組みの証として使用することができます。

【認証登録概要】

事業所イー・アクセス株式会社 情報システム部
登録範囲「自社が提供するブロードバンド接続サービスの顧客管理システムならびに付帯するシステムの開発・保守・運用業務適用宣言書、2005年2月1日発行第2版」
取得規格「BS7799-2:2002年版」、「ISMS認証基準(Ver.2.0)」
認証登録番号IS 90135、IJ 01288
登録時期2005年3月14日
審査登録機関ビーエスアイジャパン株式会社
認定機関英国認定機関(UKAS:United Kingdom Accreditation Service)
財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)

<BS7799-2:2002年版>
BS7799は、情報セキュリティマネジメントシステムに関する英国規格。企業が事業活動の過程で扱う情報資産に対して適切な保護施策を講じ、管理策を維持・改善する体制を構築することを目的として英国規格協会(BSI)により制定されており、その実践規範は、ISO/IEC17799として国際規格となっている。BS7799-1とBS7799-2に分けられ、前者は「情報セキュリティ管理実施基準」であり、後者は「情報セキュリティ管理システム仕様」である。

<ISMS認証基準Ver.2.0>
BS7799-2(情報セキュリティ管理システム仕様)を元に、日本においてISMS(Information Security Management System)適合性評価制度として日本情報処理開発協会(JIPDEC)により発行されている。JIPDECの定義では「ISMSとは、個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用することである。」と定められている。
以上

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ