eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

各位

2004年11月24日
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号 新日鉱ビル
イー・アクセス株式会社
代表取締役社長 千本 倖生
(コード番号:9427 東証一部)

1.7GHz帯・次世代モバイル通信にW-CDMAの採用を決定

当社は、本年9月30日に総務省より示された「携帯電話用周波数の確保に向けた取組」を受け検討を進めております、FDD方式による1.7GHz帯での次世代モバイル通信について、W-CDMAを採用することを決定いたしましたので、お知らせします。

当社は、1.7GHz帯での次世代モバイル通信に向け、IMT2000の主要FDD方式であるW-CDMAとCDMA2000のいずれを採用するか、様々な角度から技術検討を進めてまいりましたが、今後W-CDMAを次世代(第三世代)技術として採用する可能性のある国が約200ヶ国※とCDMA2000より多いと見込まれ、将来の国際ローミングの可能性が高いこと等、W-CDMAの方がよりよい選択肢と総合的に判断し、同技術を採用することと致しました。
(※当社調べによる。)

今般、採用技術を早期に確定したことにより、実験の推進及び事業の具体化に向け、大きく前進することになります。

以上

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ