eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

2013年9月18日
各位
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
イー・アクセス株式会社
代表取締役社長 エリック・ガン

1.7GHz帯でのLTE実証実験(下り300Mbps)で下り291Mbpsを記録

イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 エリック・ガン)は、2013年8月より1.7GHz帯を使ったフィールド実証実験を実施しましたので、結果をお知らせします。

 本実証実験では、総務省が周波数アクションプランにおいて新たに確保するとした1.7GHz帯の周波数(以下、「F0」)と、同帯域の隣接する当社の既割当周波数(以下、「F1-F3」)を使用し、高速・大容量なLTEの高度化技術の通信品質や通信速度(スループット)の評価を行いました。

本実証実験の結果は以下のとおりです。

・「10MHz+10MHz幅CA」と「連続20MHz幅」の評価では、「連続20MHz幅」の方が下り伝送速度が高いことを確認
・「4×4 MIMO」と「2×2 MIMO」の評価では、両方式とも規格上の下り最大速度に近い速度(4×4 MIMOで下り291Mbps)を確認
・「2×2 MIMO」の評価では、既存のUSBスティックタイプのデータ通信端末「GL08D」で148Mbpsを記録


当社は、本実験を通じて取得したノウハウや測定データを活用することで、モバイルブロードバンドの通信技術の向上を図り、さらなる普及・拡大を積極的に取り組んで参ります。

■実験内容
・10MHz+10MHz幅キャリア・アグリゲーションと連続20MHz幅の性能評価
通称:CA(Career Aggregation)。複数の周波数を一体として使用する技術で、異なる通信波を束ねることで広い帯域を確保し、高速通信を実現する技術です。本実証実験では、「F0」と「F1-F3」の計20MHz幅を使って、20MHz幅を各10MHz幅の2周波数CA(以下、「10MHz+10MHz幅CA」)と連続の1周波数(以下、「連続20MHz幅」)の異なる周波数の使用方法で評価を行いました。

・下り300Mbps(20MHz幅、4×4 MIMO)、下り150Mbps(20MHz幅、2×2 MIMO)の検証
通称:MIMO(Multiple-Input and Multiple-Output) 空間多重方式。データの送信側と受信側のそれぞれで、複数のアンテナを使い、一度に複数の情報を送ることができる技術です。本実証実験では、計20MHz幅の周波数を用いた商用ベースの基地局を使用して「4×4 MIMO」と「2×2 MIMO」の両方式の評価を行いました。「2×2 MIMO」では、既存端末「STREAM X」「GL08D」「GL06P」での評価も実施しました。


■実験概要
実験期間
2013年8月22日〜2013年9月末(予定)

実験試験局設置場所
香川県高松市の一部

周波数帯
1.7GHz帯
※5MHz×2の周波数(1744.9〜1749.9MHz/1839.9〜1844.9MHz)および隣接する当社の15MHz×2の既割当周波数(1749.9〜1764.9MHz/1844.9MHz〜1859.9MHz)

実験端末
・20MHz幅、4×4 MIMO対応 実験専用端末
・20MHz幅、2×2 MIMO対応 実験専用端末
・STREAM X
・GL08D
・GL06P

■実験用無線局


以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ