eAccess
イー・モバイルウィルコムADSLサービス
  1. Home
  2. 報道発表資料

報道発表資料

<< 前のリリース次のリリース >>

2011年4月13日
各位
東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
イー・アクセス株式会社
代表取締役会長 千本 倖生
(コード番号:9427 東証一部)

東日本大震災に伴うEMOBILE通信サービスエリアの全復旧について

このたびの東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
当社では、被災された方々の救済および被災地復興のため、当社通信サービスおよび通信端末の無償提供や義援金の寄付などの支援を行っておりますが、引き続き被災された方々の支援と被災地の一日も早い復興に向け、全力で取り組んでまいります。

このたび、これまで実施してきた復旧作業の結果、東日本大震災により影響を受けていたEMOBILE通信サービスの提供エリアが、全復旧いたしましたのでお知らせします。これにより被災地にお住まいのお客さまにおいても、震災前と同様にEMOBILE通信サービスをご利用いただけるようになります。

【EMOBILE通信サービスへの影響】
2011年4月12日現在で影響を受けている地域はございません。
※2011年3月11日以降に発生した余震による影響地域も含め復旧しています。

■復旧地域
岩手県、山形県、宮城県、福島県、茨城県
(参考)EMOBILE通信サービスエリアマップ http://emobile.jp/area/areamap.html?2

【その他更新情報】
■EMOBILE通信サービスが利用可能な避難所リスト
下記5県内に設置されている1213箇所の避難所にて、EMOBILE通信サービスがご利用いただけます。

青森県
岩手県
宮城県
福島県
茨城県
  • ※本リストは2011年4月7日時点の情報を基に作成したものです。今後の更新情報についてはイー・モバイルホームページをご参照ください。
  • ※当社の基地局復旧状況を基に、電波環境をシミュレーションして利用可能見込みである避難所をリストにしております。そのため、リストにある避難所であっても建物内の全ての場所でご利用いただけることを保証するものではございませんので、参考情報としてご覧ください。

以上

プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
サービス・製品の料金、仕様、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本件の報道関係者からのお問い合わせ