本文へ移動


TOP > プレスリリース >

プレスリリース 2007年

2007年12月21日
株式会社アッカ・ネットワークス
株式会社アッカ・ワイヤレス
【報道発表資料】
「2.5GHz帯の周波数を利用する特定基地局の
開設に関する指針に基づく開設計画の認定」について
株式会社アッカ・ネットワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木村正治)および株式会社アッカ・ワイヤレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木村正治)は、本日総務省にて「2.5GHz帯の周波数を利用する特定基地局の開設に関する指針に基づく開設計画の認定」があり、広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)の事業者の認定を受けることができないという結果となりました。

BWA市場においては、新規事業者の参入による新たなビジネスモデルの実現と、それによる産業の活性化や豊かな社会の実現がなされることを期待してきましたが、このような観点において新規事業者である当社が評価されなかったこと、また当社のBWAにおける事業計画は実ビジネスを見据えた実現性の高い堅実なものであり、資本パートナーとも強固な連携を行い、財務基盤の確立と資金調達の計画も十分に立ててきたことや、最もオープンなMVNOを提唱してきたことなどにおいても当社が評価を受けなかったことは誠に遺憾です。

当社としては、これまで進めてきた基本戦略を堅持しつつ、引き続きその実現に関し以下のとおり取組んでまいります。
  • BWA市場参入へ向けて、これまで検討してきたサービスモデルやパートナーとの関係を生かし、WiMAXも活用したエコシステムの実現を引き続き目指します。
  • エコシステムの構築にあたっては、有線・無線の垣根を超えてシームレスな接続を可能とするビジネスモデルの確立、新しいサービスの開発・提供を目指します。
  • WiMAXネットワークに関しては、この度認定された事業者により提供されるオープンなMVNOを活用します。
  • これにより、大規模な投資をともなうインフラ事業モデルから小規模な投資による付加価値をベースとしたサービス事業モデルに転換します。
なお、将来他の周波数帯の割当がおこなわれる場合においては、事業者認定の申請を行うことも選択肢であると考えています。

ページトップへ