本文へ移動


TOP > プレスリリース > 2004年 >

プレスリリース 2004年

2004年03月25日
株式会社アッカ・ネットワークス

お客様情報の流出に関するお詫びとご説明

株式会社アッカ・ネットワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂田好男)では、このたび弊社が提供しているADSLサービスのお客様情報の一部が外部に流出していたことが判明いたしました。現在、弊社ではお客様情報の流出に関し、原因の究明や情報流出の経路など全力を挙げて全容解明に向け取り組んでおります。誠に遺憾ながら、皆様には多大なご迷惑、ご心配をおかけすることに至りましたこと、深くお詫び申し上げます。下記に本件に関します状況をご説明させていただきます。

3月22日(月)、弊社は社外から201名分のリストの照会を受け、弊社のお客様情報と照合しましたところ、同月23日(火)に、今回照会を受けた201名の全情報が弊社のお客様情報と合致することを確認いたしました。その後即座に代表取締役社長 坂田好男を委員長とする内部緊急対策委員会を設置、事態の究明に向け更なる調査を開始したほか、入手したリストの分析や流出の可能性・時期の検討、アクセスログの解析等を行い、今後の対応策を検討してまいりました。

3月22日に弊社が入手したリストには、氏名、郵便番号、住所、電話番号、申込時連絡用メールアドレス、性別の情報が含まれていました。ただし、性別に関しては弊社ではお客様情報として取得していませんでしたが、流出していた個人情報には性別の情報が記載されており、弊社のお客様情報が加工されていた可能性も考えられます。現在、顧客情報流出の範囲、詳細な流出経路などに関して全容解明に向けて調査を進めております。

弊社では、このような状況を受け、3月25日(木)までに本件に関する専用ダイヤル「お客様問合せ窓口」(専用ダイヤル:TEL 0120−140−107、受付時間 9:00−21:00)を設置し、今回のお客様情報の流出に関するお問合せに対応させていただきます。また、顧客情報データベースへのアクセス制限の強化、管理体制の強化、アクセスログの監視体制の強化を図るほか、高セキュリティエリアを新規に社内に設置するなど、情報セキュリティ体制をより一層強化し、今回のような情報流出の再発防止に全社的に取り組んでまいります。

今回の事態を厳粛に受け止め、このような不始末の全容の解明と再発防止に努め、お客様の信用を回復するために全社を挙げて取り組む所存です。なお、本件に関する調査内容、およびお客様対応などにつきましては、アッカホームページ等にて随時ご報告申し上げます。




流出情報の内容と弊社が保有する個人情報について

2004年03月25日

弊社お客様情報の一部が流出していた問題に関し、確認された流出情報の内容と弊社が保有する個人情報につきましてご報告申し上げ ます。

3月22日に弊社が入手した201件のリストには、氏名、郵便番号、住所、電話番号、申込時連絡用メールアドレス、性別が含まれていました。なお、クレジット番号や銀行口座番号、利用履歴などの信用情報は含まれていません。弊社では、直接お客様から利用料を回収していないため、信用情報の取扱いを行うことはなく、弊社データベースにお客様の信用情報は存在していません。



■その他のお知らせ
2004年お客様情報流出に関するその後の報告(2006年07月18日)
3月25日発表のお客様情報流出に関するご報告(2004年8月26日)
情報セキュリティ監査実施に関するご報告(2004年7月16日)
リスク管理室の設置およびCSOの変更について(2004年5月27日)
お客様情報流出に伴う社内処分の実施に関するお知らせ(2004年5月12日)
お客様情報流出に関する調査結果のご報告(2004年4月27日)
情報セキュリティ監査および情報セキュリティ教育の実施について(2004年4月20日)
お客様情報流出に関する調査等進捗状況のご報告(2004年4月7日)
お客様情報流出の再発防止にむけた情報セキュリティ強化策運用開始のご報告(2004年3月31日)
お客様情報の流出に関する対応状況について(2004年3月27日)

ページトップへ