本文へ移動


TOP > 企業のお客様 > 導入事例 >

導入事例

旧(株)アッカ・ネッワークス社はワイモバイル(株)と合併いたしました。
こちらの導入事例は、アッカ・ネットワークス時のものになります。

タワーレコード株式会社×ACCA NETWORKS NTTコミュニケーションズ Arcstar IP-VPN

タワーレコード全国78店舗※の効率的な運営に欠かせないイントラネットを「Arcstar IP-VPN」とアッカの企業向け光サービスで強化

タワーレコード株式会社
(※TOWER CAFE1店舗を含む)
ショップスタッフによる店舗ごとに特色ある品揃えを積極的に取り入れることで、地域ごとの客層に合わせた品揃えよって音楽ファンの感性に応え続けてきたタワーレコード株式会社。その店舗作りを支えているのが、ショップスタッフを支援する業務システムである。しかし、導入後4年を経たイントラネットは、アクセス回線の帯域不足が原因で、システムのレスポンスが低下、業務への支障が懸念されていた。そこで同社は、新たにアッカ企業向け光サービスを導入し、信頼性とコストを高い次元で両立、業務効率化に成功した。

Arcstar IP-VPNとアッカ企業向けADSLが支える
店舗運営に不可欠な業務システム

写真
 カフェを含め全国に78店舗を展開するタワーレコードは、全店舗共通の画一的な品揃えを廃し、地域ごとに異なる音楽の嗜好を反映した、地域密着型の店舗作りが幅広い音楽ファンに支持されている。実際、全国の店舗を通じてタワーレコードが紹介したアーティストの作品が、大ヒットにつながった例も少なくない。 こうしたショップスタッフの業務を支援しているのが、イントラネットを通じて利用する業務システムだ。同社では、魅力的な商品を見出すための情報収集から、的確な仕入れを行う在庫管理や売上管理、商品発注、さらに売り場作りに必要なPOP等の資材の発注、本部や店舗との情報共有や意見交換、各種申請書の提出や人事勤怠関連など、あらゆる業務にシステムが利用されており、日々の店舗運営に欠かせない存在となっている。同社の業務システムは数年前に再構築したもので、Webシステムを採用して全ての機能がWebブラウザーから利用できる、優れた操作性を実現しているのが特長だ。同時に、本部と全国の店舗をつなぐイントラネットも、NTTコミュニケーションズの「Arcstar IP-VPN」とアッカの企業向けADSLサービスを組み合わせて構築した。導入の経緯について同社 ITサービス本部 ITインフラ部 担当部長 天野康一郎氏は、「Arcstar IP-VPNが多くの企業で評価されていることに加え、全国の店舗に展開できるサービスエリアの広さ。さらにアクセス回線をアッカ企業向けADSLとすることで、エンド・ツー・エンドで快適かつ高セキュリティなネットワークを低コストで実現できることが、決め手となりました」と評価する。

光回線の導入で高速化を検討するも
78拠点のランニングコストが課題

写真

タワーレーコード株式会社
ITサービス本部 ITインフラ部 担当部長
天野康一郎氏
写真

タワーレーコード株式会社
ITサービス統括部 ITインフラ部
河端亜希子氏
 Arcstar IP-VPNとアッカ企業向けADSL 1.5Mbpsサービスを組み合わせて構築された新しいイントラネットは、導入から現在まで大きなトラブルもなく安定稼働を続け、全国の店舗と同社の経営を支援し続けてきた。しかし、快適な利用環境を提供してきた1.5Mbpsアクセス回線も、ここ1〜2年はトラフィックの増加によりボトルネックとなりつつあった。
 その原因について同社 ITサービス統括部 ITインフラ部 河端亜希子氏は、「業務システムの機能拡張や、ショップスタッフの利用頻度の増加、さらに各種情報データ量の増加などが原因でアクセス回線が帯域不足に陥り、業務システムのレスポンスが著しく低下していました」と説明する。
 同社では、店舗や本部での日々の業務に同システムが不可欠であるため、その利用環境の低下が続けば、業務効率への支障も懸念される。そして、ショップスタッフからは、メールの送受信に時間がかかることや、発注業務に必要な商品検索では、業務データの表示や目的の商品を探し出すのに時間がかかり、発注がなかなか完了できないといった声が寄せられはじめた。
 帯域不足に陥っていたアクセス回線の高速化を検討しはじめた同社は、最初から光回線を希望していた。しかし天野氏は、「検討した当時、光回線を全国の拠点に導入するには、コストが高すぎて現実的ではありませんでした」と振り返る。その後企業向け光サービスの提供を開始したアッカは、NTTコミュニケーションズを通じて、いち早く新しいサービスをタワーレコードに提案した。

アッカ企業向け光サービスで
高速化と耐障害性を同時に解決


写真

株式会社アッカ・ネットワークス
カスタマサービス本部 カスタマサービス推進第一部 パートナリレーショングループ
勝政 樹氏
 アッカ・ネットワークス カスタマサービス本部 カスタマサービス推進第一部 パートナリレーショングループ 勝政 樹氏は、「拠点のロケーションに左右されない速度の安定性と、多拠点に導入できるコストパフォーマンスを必要とされていたタワーレコード様にとって、アッカの企業向け光サービスは、ご満足でいただけるサービスであるとアピールしました」と語る。
 提案を受けた天野氏は、「アッカ企業向け光サービスは、コストパフォーマンスが高いだけではなく、アッカの基幹回線網とArcstar IP-VPNのサービス網が直接接続しているため、シンプルな構成でWANの構築が可能です。このため障害が懸念される箇所も減り、より高い信頼性と安定性が期待できるだけでなく、万が一障害が発生しても対処しやすいという点で優れています」と説明する。
 アッカとNTTコミュニケーションズの提案を再び採用した同社は、2007年12月現在、53店舗への導入を完了、さらに60店舗への拡大を進めている。勝政氏は、「アッカの企業向けサービスは専任チームでサービスを提供しているため、導入・構築・運用に伴う面倒な工事の手配や設置作業は、全てアッカがワンストップでサポートします。タワーレコード様では、当初計画の53拠点を2カ月ほどで開通させていただきました」とその利便性とスピードをアピールする。
 アッカ企業向け光サービスで強化されたネットワークについて河端氏は、「インターネットや業務システムのレスポンスは、格段にスピードアップしました」と評価。さらに今後、IPセントレックスの導入も検討している。天野氏は、「店舗と本部間で頻繁に連絡をとるため、内線電話をIP化すれば、通話コストを大幅に削減できると期待しています」と語る。これからもアッカとNTTコミュニケーションズは、高品質なサービス提供により、同社の様々な課題解決を手助けしていくであろう。

タワーレコード株式会社
  • 本社所在地:東京都品川区南品川2-15-9
  • 設立:1981年12月
  • 資本金:65億円
  • 事業内容:音楽ソフト、映像ソフトおよびこれらの付属品ならびに楽譜、 ポスター・書籍等の輸出入・卸・販売。
    同オンラインでの販売。
    楽曲および著作物の著作権管理。
    楽譜の製作、出版および販売。
ホームページ: http://www.towerrecords.co.jp/
導入事例に関するお問合せ、資料請求はこちらから

ページトップへ